MAGAZINE マガジン

|| お肌のこと

腸を整えると起こる嬉しい3つのこと

今回は“腸を整えると起こる3つのこと”というテーマでお伝えしていきたいと思います。

 

ハッピーホルモンと呼ばれる精神を安定させる作用があるセロトニンは、

90%は腸が作り出していると言われているのは、ご存知でしょうか?

さらに免疫細胞の7割は、なんと小腸に集中していて、

有害な病原体などは小腸で撃退しています。

ただ、その後に待ち構えている大腸は、小腸に比べると酸素も少なくて低温なため、

病原体を含めて細菌が住みやすい環境になっています。

 

したがって、大腸で便を滞留させずに速やかに排出することが大切になってくるんです。

つまり、腸を整えることっていうのは、心にも体にも良いこととなります。

 

では、腸を整えると起こる3つのこととして具体的にお話をしていきますね。

 

一つ目は、便秘が解消してお肌が綺麗になるってことですね。

やはり、便秘があるとお肌の肌荒れにもつながります。

私も元々結構な便秘体質で、便秘になるとポツポツとニキビができたりしていました。

これが、腸ジムをしたり、腸活などを取り入れた食事に変更していったところ、

便秘を解消することができて、結果的にお肌の調子もよくなっていきました。

 

次にですね、2つ目ですが、痩せやすくなるってことです。

腸内細菌のバランスを整えて、腸の調子を良くすると、

腸が身体に余計な脂肪を溜め込みにくくする指令を出します。

それにより痩せやすい身体へと変化していきます。

溜め込まず、出せる体にするって大事ですよね。

 

最後3つ目は、自律神経が整うということです

緊張や不安など精神的ストレスがかかった時に、

お腹が痛くなったり便秘になったりしたことってありませんか?

そんなお腹の不調は、腸と自律神経が深い関係にあるために起こると考えられています。

脳と腸は自律神経やホルモンを介して情報交換をしています。

そのため脳が緊張や不安などのストレスを受けると、その情報が腸に伝えられるので、

結果的に腹痛や下痢、便秘などを引き起こすことになります。

逆に、腸内環境が悪化すると、その情報が脳に伝わって自律神経が乱れ、

様々な心身の不調が起こりやすくなります。

腸は脳からの一方的な指令で動いているわけではなく、

双方向的に影響を及ぼし合う関係性で「脳腸相関(のうちょうそうかん)」と呼ばれています。

そのため、腸内環境が整うことで、自律神経も整っていくということになります。

 

まとめになりますが、「腸を整えると起こる3つのこと」

1つめは、便秘が解消してお肌が綺麗になる

2つ目は、痩せやすくなる

3つ目は、自律神経が整う

 

今回の発信で、腸を整えるのってすごくいいことだと思ってきた方は、

是非腸活などから取り入れてみてもらえるとうれしいです。

PAGE
TOP