MAGAZINE マガジン

|| お肌のこと

30代から気になってくる「ほうれい線」対策3選

今回の記事をご覧になっている人は、きっと、ほうれい線が気になっているって方でしょう。

30代に入ってくるとだんだんと頬のたるみが出てきて、ほうれい線というものが出現してきます。

私もファンデを塗ると数時間後にはほうれい線がくっきりという状況になってきて、

ファンデを塗ると老けて見える!と思うようになったことも、

ノーファンデになったキッカケでもあります。

それだけこれから、戦っていかなければいけないほうれい線ですが、

おすすめの対策を今日は3つご紹介したいと思います。

まずは、一つ目ですね。

「咬筋と側頭筋をほぐすこと」です。

咬筋とは、歯をグーッとくいばった時に力の入る筋肉の部分で、

結構みなさん日頃から我慢することや頑張っていることもあり。

知らぬ間に食いしばりをしていることが多くあります。

その影響で、この咬筋という部分が固く凝り固まっている方が多くいらっしゃいます。

ここが固くなることで収縮ができなくなり、ほうれい線にもつながっていくので、

まずこの咬筋を手をグーにして押し当てて、

ほぐしていくということをしていきます。

最初は痛いかもしれないのですが、

ここがほぐれることでリフトアップや小顔効果も期待できるので、

是非これを取り入れてみてください。

また、側頭筋ですが、これは、頭皮の耳の上の部分にある筋肉です。

側頭筋は、肌を支える役割がある筋肉になるので、これが固くなっていると、

収縮できなくなるため、頬のたるみに繋がり、ほうれい線へとつながってしまいます。

ここも先ほどの咬筋と同じように手をグーにしてしっかりほぐしていくことで、

コリがとれ、ほうれい線対策になります。

是非、咬筋と側頭筋を押さえていただき、

気づいた時にほぐすということをされてみてください。

次は、保湿です。

シワって結局肌の乾燥が一番の原因になります。

口元だけでも、日中もしっかり保湿をしていくことで、ほうれい線対策につながります。

保湿をする際は、ペペッと塗るだけでなく、

ぜひ、手で押し込むように保湿をしてみてください。

お肌のモチモチ度が違ってくるはずです。

3つ目は、これは、自論でもあり、私はこれが1番じゃないかと思っていることなのですが、

それは「笑うこと」です。

先日、スレッズでも投稿したのですが、結局笑顔でいることで、

ほうれい線って目立たないと思いませんか?

無表情でいるからほうれい線が目立ってしまう。

それであれば、口角をくいっとあげて、

笑顔で過ごすことが一番のほうれい線対策になると思います。

先日、笑顔でいると運はやってくる

「人前だけの笑顔では、薄い笑顔しかやってこない、誰もみていない時にも笑顔を作ることが大切」

という言葉に出会いました。

ほうれい線対策にもなって、いいことも起こるのであれば

どんな時も笑顔でいることが、1番いいことなんじゃないかなと思います。

ということで、今日は30代から気になってくる「ほうれい線」対策3選というテーマでお話をしてみました。

PAGE
TOP