MAGAZINE マガジン

|| 食事のこと

身肌につながる朝活メニュー

朝活ルームをやっていく中で、活用していただいている方から、

朝活メニューを組んでほしいとメッセージをいただきましたので、

ちょっと今日はオススメ朝活メニューをご紹介したいと思います。

まず起きて

1.寝たまま腸マッサージ

朝起きて腸を刺激してあげることで、便通を良くしてくれます。

便通が良くなると腸内も綺麗になるので、お肌の調子も良くなります。

2.白湯を飲む

白湯を飲むと身体が温まり、血液の流れがよくなることから、基礎代謝量が上がるとされています。

3.有酸素運動

ヨガ/ウォーキング/宅トレ動画15分/ランニング

血液の流れをよくし、肌の毛細血管の隅々にまで十分な酸素と栄養を届けることができます。 

また、発汗を促すことによって肌に水分が増し、角質がやわらかくなります。 

毛穴に詰まった余分な皮脂を排出したり、毛穴の中の皮脂が酸化して黒ずんでしまうことを防いだりします。

4.窓を開けて外の空気を吸う

太陽の光を浴びると幸せホルモンと言われるセロトニンが出ると言われています。

窓を開けて、気持ちの良い空気を吸いながら、太陽の光を浴びると

幸福感が出て、その1日のやる気にもつながります。

5.ご褒美スムージー

ご褒美スムージーで、小松菜、バナナ、黒胡麻、豆乳で作るスムージーを飲んでみましょう!

小松菜

小松菜に含まれるβ-カロテンは、抗酸化作用を持つ黄色の色素で、

体内で必要な分だけビタミンAに変換され、肌や粘膜の健康を守る働きがあり、

肌のカサつきや肌荒れを改善する効果が期待できます。

バナナ

バナナには美容ビタミンと呼ばれるビタミンB類が豊富に含まれているので、

肌のキメを整えたり、シミ・しわを改善してくれます。 

さらに美肌の大敵、便秘の解消にも役立ちます。

黒ゴマ

活性酸素はシワやたるみだけでなく肌、血管、内臓など体全体の酸化(老化)を促進させますが、

黒ごまに含まれる抗酸化作用が活性酸素の発生やその働きを抑制したり活性酸素そのものを取り除く働きをしてくれます。

豆乳

豆乳には、肌の健康を保つために有効な「美容ビタミン」といわれるビタミンB1、B2、B6がたっぷり含まれています。 

コレらを入れたスムージーですが、すごく美味しいので、頑張ったご褒美的な感覚で飲めるので、オススメです。

まとめ

朝活は、ダイエットにも繋がることなので、是非美肌+ダイエットとしても

参考にやってもらえたらいいなと思います。

ということで、今日は、「美肌に繋がる朝活メニュー」というテーマでお話をしていきました。

PAGE
TOP