MAGAZINE マガジン

|| お肌のこと

【スキンケア選びのポイント】化粧品成分の正しい見方|成分表のチェック

化粧品

今日は「スキンケアを選ぶときに見るべきポイント」についてお話しします。

特に、化粧品成分の正しい見方について詳しく解説します。

お客様からの質問

まず、最近いただいたお客様からの質問をご紹介します。

この方は長年ビフェイス化粧品を使っており、ローション、クレンジング、セラムの3つを使用していただいております。

しかし、最近他社の「導入美容液」が気になり、ビフェイスのセラムとどう違うのか知りたいということでした。

化粧品の成分表をチェック

化粧品を選ぶ際の基準として、成分表をしっかり確認することが重要です。

成分表は配合量の多い順に記載されています。

例えば、多くのスキンケア製品では、水が最初に記載されています。

これは、水の配合量が多いためです。

成分の具体例

ビフェイスのセラムと、気になる導入美容液の成分を比較してみました。

  • ビフェイスのセラム
    1. 1,3-ブチレングリコール(BG)
    2. フムスエキス
    3. ヒト幹細胞培養エキス
    4. テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
    5. ヘキサンジオール
  • 導入美容液
    1. 1,3-ブチレングリコール(BG)
    2. エタノール
    3. グリセリン
    4. トコフェロール(ビタミンE)
    5. アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

化粧品成分の重要性

成分表を確認することで、その化粧品の特徴や効果を理解しやすくなります。

例えば、ビフェイスのセラムには、フムスエキスやヒト幹細胞培養エキスが含まれており、バリア機能の向上や肌の再生力を高める効果があります。

一方、導入美容液には、保湿力の高いヒアルロン酸や抗酸化作用のあるビタミンEが含まれています。

成分表の活用法

成分表を見る際は、上位10個ほどの成分を確認すると、その化粧品の特徴がわかりやすくなります。

わからない成分があれば、インターネットで調べてみるといいかと思います。

まとめ

今日は「スキンケアを選ぶときのポイント」についてお話しました。

化粧品の成分表を確認することで、自分に合った製品を見つける手助けになります。

これからスキンケアを選ぶ際には、ぜひ成分表を参考にしてみてください。

ビフェイス化粧品の購入はこちらから!

では、また次回^ ^

————————————————————————

その他、お肌のこと🔗

最新情報をLINEで配信中!

メッセージを受け取るには、公式アカウントを友だち追加してください。

友だち追加

是非こちらもあわせてご覧ください。

音声メディアで”美肌になるヒントをながらインプット”もおすすめ!↓↓↓

PAGE
TOP