MAGAZINE マガジン

|| 食事のこと

【美肌レシピ】レモンジャムの作り方

今回は美肌レシピ”レモンジャム”の作り方を紹介します。

これは、instagramでご紹介をさせていただいたレシピになっております。

もし動画で見たいって方がいらっしゃれば、そちらも合わせてご覧ください。

すごく簡単なので、ぜひ、取り入れていただければと思います。

レモンの美肌効果

レモン

作り方の前に、レモンの美肌効果ということでお伝えいたします。

レモンには、ビタミンCが豊富に含まれてるってことは皆さんご存じかと思います。

ビタミンCの効果は、「肌の美白効果」、「保湿効果」を高める効果があります。

さらに、レモンの酸味には古い角質を取り除く効果があるので「毛穴のつまり」を除去してくれます。

ビタミンC は、水溶性ビタミンの1種。物質としては L-アスコルビン酸を指す。欠乏状態が続くと壊血病を発症する。ビタミンEの再利用やコラーゲンの合成に必要であるほか、発症した壊血病の治療にも使われる。WHO必須医薬品モデル・リスト収録品。特に野菜や果物に含まれ、サプリメントも利用されている。

Wikipedia

作り方

作り方をご紹介いたします。

レモンジャム

準備するモノ

レモンを2つ、てんさい糖を準備します。

てんさい糖の分量が、レモンに対して大体半分ぐらいのてんさい糖の準備してください(皮とタネを取り除いた状態)。

今回は140gのレモンだったので、70g使用しております。

工程

  1. レモンの皮を剥いて、タネを取り除く
    皮は一緒に煮詰めてもらってもいいですが、防腐剤がついてたりします。
    なかなか無農薬のレモンって、手に入りづらかったりしますよね。
    今回は、レモンの皮は取り除いて使用しています。
    もし、皮を入れたいという方がいらっしゃいましたら、塩で洗って、何回か煮詰めることで綺麗にしてもらうと良いかと思います。
    皮を入れる場合は、皮の部分も加えた量に対して半分の甜菜糖を入れてください。
  2. 皮剥いたレモンをちょっと粗めに刻む
  3. 刻んだレモンにてんさい糖を入れて、軽く混ぜる
  4. その状態で、1時間ぐらい置く
    1時間以上置でもOK。今回は1時間ぐらい置いてます。
    1時間ぐらい置くと水分が出てきます。
  5. 水分が出てきたレモンを鍋に入れて強火で煮る
  6. アクが出るので、取り除く
  7. 弱火で煮詰める(IHのメモリの3くらい)
    焦げないように混ぜながら、煮詰めます。
    分量にもよりますが、 少ない量だったら5分〜6分。
    ちょっと色が変わってドロっとするくらい煮詰めてください。
  8. 冷まして、消毒した瓶に詰める

レモンジャムの活用法

このジャムは使い勝手が良くて、パンに塗っても、ヨーグルトに入れても美味しく召し上がれます。

お菓子作りの材料に使ってもらうのもいいし、お湯に溶かして飲むと喉にもいい!

暑い時期には、炭酸水で割って飲むとレモンジュースのようになりすごく美味しいと思います。

できれば、1週間ぐらいで使ってください。

大量に作って、使いきれるようであれば大丈夫なんですけど、いっぱい作りすぎると、使いきれないと思いますので適量を作ってください。

ちなみに、イチゴジャムも同じ工程で作れるようになっております。

以上、美肌レモンジャムをご紹介しました。

よかったら作ってみてくださいね!

では、また次回^ ^

————————————————————————

是非こちらもあわせてご覧ください。

音声メディアで”美肌になるヒントをながらインプット”もおすすめ!↓↓↓

PAGE
TOP