MAGAZINE マガジン

|| 食事のこと

【お弁当に美肌ごはん】野菜のおかず作り置き3選

作り置き野菜

今回は「野菜のおかず作り置き3選」というテーマでお話します。

皆さん、お昼ご飯はどんなものを食べていますか?

お弁当の方も多いでしょうか。

私は自宅で仕事をしているので、家でご飯を食べることが多いです。

朝ごはんで出したものを、お昼に食べることもよくあります。

作り置きをしておくと楽なので、よく作り置きのおかずを食べています。

フォロワーさんから「お弁当にも良くて、お肌にも良い野菜の作り置きはありますか?」と質問をいただきましたので、今回は簡単に作れる野菜のおかずを3つご紹介します。

どれもとても簡単なので、ぜひ日々のお弁当や副菜に活用してみてください。

1. つけるだけ簡単ピクルス

つけるだけ簡単ピクルス

まずは「つけるだけ簡単ピクルス」です。

これを全て混ぜて、お好みの野菜を漬け込むだけ。

私はビタミンCが豊富なラディッシュとベβカロテンが豊富なニンジンを漬け込んでいます。

ミニトマトやセロリなど、色々な野菜で試してみてください。

ビタミンCとは

アスコルビン酸ともいわれ、骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物です。ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成されないために、血管がもろくなり出血を起こします。これが壊血病です。壊血病のそのほかの症状としては、いらいらする、顔色が悪い、貧血、筋肉減少、心臓障害、呼吸困難などがあります。また、毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きがあるほか、皮膚のメラニン色素の生成を抑え、日焼けを防ぐ作用や、ストレスやかぜなどの病気に対する抵抗力を強める働きがあります。

βカロテンとは

カロテノイドという色素の一種で、もっとも多く植物に存在する橙色の脂溶性色素です。 βカロテンは体内でビタミンAに変換して、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、視力の維持や、がんの予防、免疫力の強化、アンチエイジングなど、健康を保つために重要な働きをする栄養素です。

2. 大豆イソフラボンたっぷり豆サラダ

大豆イソフラボンたっぷり豆サラダ

次に「大豆イソフラボンたっぷり豆サラダ」です。

かぼちゃはレンジで柔らかくしておき、全ての材料を混ぜるだけです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持ち、肌にハリや潤いを与えます。

かぼちゃもベータカロテンが豊富で、肌のターンオーバーを促進します。

大豆イソフラボン

肌の調子を整える「美肌ホルモン」のエストロゲンの働きを補い、若々しい肌をサポートしてくれます。 肌の弾力を保つ「コラーゲン」を増やして、ハリを保つ働きがあるほか、細胞の新陳代謝を高めて肌の生まれ変わりを促進するので保湿力もアップします。

3. 肌に潤いレンコンペペロンチーノ

肌に潤いレンコンペペロンチーノ

最後に「肌に潤いレンコンペペロンチーノ」です。

レンコンとブロッコリーは1分ほど茹で、にんにくと鷹の爪をオリーブオイルで香りを出しながら炒めます。

その後、レンコンとブロッコリーを加えて炒め、少量の水とコンソメを加えて3分ほど蒸し焼きにします。

レンコンは「食べるモイスチャー美容液」とも呼ばれるほど肌に潤いを与える食材です。

以上、3つのレシピをご紹介しました。

どれも簡単でおいしいので、ぜひ試してみてください。

では、また次回^ ^

この内容はInstagramのリールでも紹介しています。

————————————————————————

是非こちらもあわせてご覧ください。

音声メディアで”美肌になるヒントをながらインプット”もおすすめ!↓↓↓

PAGE
TOP